引越し準備〜荷造りのコツ(大物編)

引越し準備〜荷造りのコツ(大物編):赤帽西陣運送(千葉県習志野市)

荷造り

引越しがスムーズに終わるか否かは、事前の準備も大事な要素です。特に、初めて引越しされる方はご参考にどうぞ。
赤帽他店では異なる点もありますので、ご注意下さい。
大物は必要に応じ、当店にて梱包致します。タンス・食器棚・冷蔵庫・本棚等、そのままで運べないものは、必ず中身を出しましょう。
引き出しや扉にテープを貼ったり、毛布やエアキャップでくるむなどの必要はありませんが、下記の点にはご留意下さい。

ちょっとした準備で、作業がスムーズに

冷蔵庫=運転を止めるとしばらく水が出続けますので、出来れば引越し前夜までに電源を抜き、中身は全てクーラーボックスやダンボール箱へ。

洗濯機=輸送前に水切りが必要です。わからなければ、そのままに。

パソコン=デスクトップ型は、必ず事前に解体しておいて下さい。ハードディスク内のファイル消失の補償は致しかねます。予め、バックアップを。

TV・AV機器予め接続を外していただくのが理想ですが、わからなければ、そのままでかまいません。(専門家の工事が必要な場合は、別料金となります。

タンス類=基本的に、中身は全て出しましょう。ただし、洋タンス以外は中身入りでお運びする場合もありますので、詳細はお尋ね下さい。

食器棚=必ず、中身を全て出しましょう。扉にテープを貼らないで下さい

引き出し収納庫ワレモノ貴重品が入っておらず、そのままで無理なく運べる場合は、中身入りでかまいません。扉付きの収納庫は、必ず中身を出して下さい。

衣装ケース=押入れタンス以外なら、中身はそのままでOKです。テープで封をしなくてかまいません。ただし、衣類以外に書籍・食器等重い物が入っていると、本体が歪んで破損する恐れがあります。その場合の補償は致しかねますので、ご注意下さい。

学習机=机の引き出しは、中身を全て出しましょう。引き出しが机と分離のタイプなら、貴重品・ワレモノを除き、中身入りでお運びします。

布団類=圧縮袋がベストですが、布団袋でもかまいません。ワレモノは絶対に一緒に入れないで下さい。布団袋は、当店にてご用意も出来ます。

ベッド=マットは当店にてカバーをかけます。引き出し付きの場合は、必ず中身を抜いて下さい。出来る方は解体しておいていただくと、作業時間の短縮になります。

暖房器具=石油ストーブ・ファンヒーターは、タンクがカラでも本体底部には灯油が残っていますので、必ず使い切って下さい。そのままでは輸送中に灯油が漏れ出して、他のお荷物へ滲みたり、臭気が移ったりすることがあります。

テーブル類=脚をはずすか否かは、当店へお任せ下さい。そのままにしておいて、かまいません。

小型家電=電子レンジ・オーブントースター・炊飯ジャー・空気清浄機・扇風機・除湿機等は、購入時の箱があれば、それに入れて下さい。無い場合は、当店にて梱包致します。

その他、下準備についてわからない物は、そのままにしておくか、お尋ね下さい。

粘着テープ(ガムテープ)の使い分け

粘着テープは、大きく分けて「紙」「布」二種類あります。
紙製は、ダンボールのみに使用します。ただし、重ね貼りが出来ないので、中古のダンボールにテープが残っている場合は、必ず剥がしてから貼りましょう。組み立て家具等に貼ると、後から剥がした時にノリが残るだけではなく、表面の化粧も一緒に剥がれてしまうことがあります。
布製は、比較的短時間ならばあまり問題はありませんが、貼る物の材質にもよります。例えば、洗濯機の排水ホース、TV・AV機器・PCのケーブル類、解体したラックの部品をまとめるなどに適しています。
また、上記二種より割高ですが、「養生テープ」という塗装工事などに使う特殊なものもあります。これは、剥がした時にノリが残りにくく、ダンボールにも使えるスグレモノです。種類はいくつかありますので、ホームセンターなどでご覧になってみて下さい。

赤帽西陣運送 | 1990年開業 国土交通省認可 自総第230号
赤帽首都圏軽自動車運送協同組合 千葉県支部所属
千葉県習志野市藤崎4-11-2-106

赤帽ロゴマーク


赤帽とは ? よくあるQ&A 事業所様 個人のお客様 お問い合わせ サイトマップ